パートナー協力店Cooperating Store

パートナー協力店のご紹介

一般の方が肩こりや腰痛の痛みが出てから対処するのではなく、、、
アスリートの方が一番したくない怪我をしてから対処するのではなく、、、
「骨ストレッチ」を日常生活に取り入れることで 痛みや怪我を予防できないかと
真剣に「骨ストレッチ」を勉強した先生方の紹介ページです。
お近くの方は是非、足をお運び下さいませ。

骨ストレッチ®創始者 松村 卓(たかし)

『さくら接骨院』 荒井秀樹 院長

所在地
〒373-0036 群馬県太田市由良町71-11
連絡先
0276-32-3987
ホームページ
http://www.jikuseitai.com

荒井院長から皆様へのごあいさつ

 こんにちは、群馬県太田市で接骨院を営んでおります 荒井 秀樹です。
 群馬県太田市は人口22万人 群馬県の東方に位置し、自動車メーカーのSUBARUの主力工場がある地方工業都市です。夏は熊谷市の隣町のため非常に暑い地域です。

 当院の特徴は、體全体(筋・骨格・自律神経)のバランス(軸)に対して施術を行うことです。過去に私は、大型ダンプカーに2度、後方からの追突事故を経験しております。6か月間、20分以上座ることができず通院生活がつづき大変苦しみました。その苦しみの経験をふまえ、治療家を志し、さくら接骨院を開業して18年が経過しました。治療に関しては素晴らしい先生方との出会いからオリジナルの「軸整体」を創作しました。当院ではこの治療法を患者様に提供しております。

今、私は「松村塾」にて骨ストレッチの創始者 松村 卓先生のご指導を頂いております。骨ストレッチとの出会いは、本屋さんでの1冊の本。「筋肉よりも骨を使え!」を手に取り何か特別な期待が湧きました。早々、読ませて頂き、治療で引っ掛かっていた體の連動性や上手な體の使い方、自分自身で出来る體のケアを学びたいとの思いから、骨ストレッチの講習会に参加させて頂きました。講習会参加の皆さんは笑顔で、本当に楽しい講習会です。

今では、事故以来25年間、腰にゴムのコルセットが必需品でしたが、まったく要らなくなりました。更にこんなに體って自由に動くのかと驚き。私は、もったいないことしていたと反省しております。氣がつくのが早ければ、あの苦しみを感じないで済んだのかも・・・とも考えます。
ただ、あの苦しみがあったからこそ自分の使命に氣づき、今、治療家をやっておりますが。

『帰られる時の「ありがとう」の言葉と満足の「笑顔」に逢いたい』をスローガンに自分の使命を全うし私の治療で、皆さんに笑顔になって頂こうと日々精進しております。

今の治療で満足されないあなた、是非当院へいらしてください。あなたの笑顔に逢えますようにお待ちしております。

骨ストレッチ創始者・松村が主催する骨ストレッチ講習会において、基礎編から始め、現在は最上級編である『松村塾』に積極的に参加され、塾生として日々、骨ストレッチを探求している素晴らしい先生です。
ご自身の接骨院でも、コリや痛みの緩和やアスリートのケガの予防やケアに骨ストレッチのメソッドを取り入れていらっしゃいます。
骨ストレッチ®創始者 松村卓(たかし)

このページのトップへ