講習会のご案内Lecture information

骨ストレッチ講習会のご案内



骨ストレッチ講習会・基礎編①~⑥

プロスポーツ選手の動作改善から猫背や肩こり、腰痛でお悩みの方やダイエットをしたい方まで、、、
幅広い層から喜ばれているのが「骨ストレッチ」。
特別な器具も場所もいらず、どこでも誰でもカンタンに出来てすぐにその効果を実感できるのが魅力です。
最近では「禅」の世界でも骨ストレッチが取り入れられています。
座禅を組む前に、骨ストレッチでカラダをほぐすことでラクな状態で心と向き合えるとのこと。
骨ストレッチの基本的なことを分かりやすく丁寧にお伝え致します。
皆様のお越しを心からお待ち致しております。

※基礎編①から⑥講座は、どの講座から受講して頂いても大丈夫です。
※基礎編は「骨ストレッチ認定指導員」が笑顔で分かりやすく指導致します。

基礎編① 基礎編② 基礎編③
WTの立ち方
手首ぶらぶら
足首まわし
肘ぶらぶら(基本・挟み)
手首肩甲骨
足首前屈のばし(両足・片足)
手首スクワット
WTの立ち方
手首ぶらぶら
足首まわし
首まわし(手首・肘)
手首背伸び
足首大腿四頭筋(サイドバージョン)
手首股割り
WTの立ち方
手首ぶらぶら
足首まわし(パートナー編)
手首肩甲骨(足首・肘)
手首背伸び(足首・肘)
手首腰伸ばし(足首・肘)
手首体側伸ばし(足首・肘)
基礎編④ 基礎編⑤ 基礎編⑥
WTの立ち方
手首ぶらぶら
足首まわし
鎖骨ひねり(片足ひねり)
手首体ひねり
すり鉢まわし
足首ハムストリングス
WTの立ち方
手首ぶらぶら
足首まわし
鎖骨まわし(4方向バージョン)
肘回しストレッチ(応用編Ⅰ)
片足体側伸ばし
足首レッグランジ
WTの立ち方
手首ぶらぶら
足首まわし(スライド式)
手首肩甲骨
肋骨伸ばし
前屈伸ばし(片足バージョン)
鎖骨ひねり


骨ストレッチ講習会・硬化改善コース①~⑥

骨ストレッチ講習会・基礎編を受講された方で、
硬化した部分がほぐれると更にラクに動ける體(からだ)になります。
また、コリや疲れがたまりにく體(からだ)つくりには最適です。
アスリートの方で硬化した部分があると滑らかに動くことが出来ません。
誰でもカンタンにできるセルフケアをお伝えしながら骨ストレッチの効果を倍増していきます。
皆さまのお越しを心からお待ち致しております。

※お願い!
 硬化改善コースでは基本的にはセルフケアの方法をお伝えします。
 しかし、人によっては多少の痛みが伴う場合があります。
 講習会の内容をご理解して頂いた方に参加して頂ければ幸いです。
 痛みが苦手な方の無理な参加はお断りしております。何卒ご理解して頂ければ幸いです。
※骨ストレッチ講習会・基礎編を受講された方で認定指導員から説明を受けた方(当日の基礎編参加でもOK)
※硬化改善コース①から⑥は、どの講座から受講して頂いても大丈夫です。

硬化改善コース① 硬化改善コース② 硬化改善コース③
・手ほどき
・足ほどき
・マグロの中おち
・大胸筋ほぐし
・大腿四頭筋ほぐし
・手ほどき
・足ほどき
・マグロの中おち
・三角筋ほぐし
・股関節ほぐし
・手ほどき
・足ほどき
・マグロの中おち
・烏口突起ほぐし
・大臀筋ほぐし
硬化改善コース④ 硬化改善コース⑤ 硬化改善コース⑥
・手ほどき
・足ほどき
・マグロの中おち
・僧帽筋ほぐし
・腰ほぐし
・手ほどき
・足ほどき
・マグロの中おち
・鎖骨ほぐし
・腸ほぐし
・手ほどき
・足ほどき
・マグロの中おち
・腕ほぐし
・ふくらはぎほぐし

骨ストレッチ講習会・動作改善コース①~⑥

骨ストレッチの基礎を学んで頂いた方に更に動ける體(からだ)を目指すための講習会です。
硬化した部分があると滑らかに動くことが出来ません。
誰でもカンタンにできるセルフケアをお伝えしながら骨ストレッチの内容をグレードアップしていきます。
また、毎回、テーマを決めて骨格を上手く使いこなすための松村独自のメソッドを習得して頂きます。
昔から「骨身に任せる」といいますが全身の骨を上手く使いこなすことでラクに動けるようになります。
スポーツ選手であればパフォーマンスの向上に繋がりスピード&パワーアップが出来ます。
一般の方であれば體(からだ)への負担が減りますから仕事や日常生活においても疲れにくい體(からだ)になります。
コツ(骨)を掴んで、より良い體(からだ)を目指しませんか?
皆さまのお越しを心からお待ち致しております。

※基礎編①から⑥講座を受講された方で骨ストレッチ認定指導員の許可が出た方。
※旧体操編Ⅰ~Ⅲ&旧ほぐし編Ⅰ~Ⅲを受講された方
※旧ランニング教室、初級編・中級編・上級編を受講された方
※私たちが最も大切にしているこの「場」を壊す方の参加は固くお断りしております。

動作改善コース① 動作改善コース② 動作改善コース③
尾骨メソッド 骨盤メソッド 肩甲骨メソッド
動作改善コース④ 動作改善コース⑤ 動作改善コース⑥
肋骨メソッド 鎖骨メソッド 背骨メソッド

芯動骨整体・松村塾! 自分の體(からだ)を極める!芯動骨整体®の世界へ

骨ストレッチ®の正式な名称は『芯動骨整体®』といいカラダの「芯」にある「骨」が「動く」と「体」が「整う」という意味で名付けました。本当は「体(たい)」のところを「體(たい)」にしたかったのですが、読めない人の方が多いとのことで「体」にしました。芯動骨整体®は節々にある「骨」を親指と小指でつかみながら、體(からだ)を動かす独特の手法です。

日本では昔から「コツをつかむ」と言われて来ました。「コツをつかむ」を調べてみると、、、”物事の本質を見抜いて自分のものにすること”と書いてあります。コツ=骨ですから、骨(コツ)をつかみながら行う芯動骨整体®は、”體(からだ)の本質を見抜いて自分のものにすること”と思っています。

お蔭様で、芯動骨整体®を探求して早10年の歳月が経ちました。「健康」・「美容」・「スポーツ」の各分野において、素晴らしい効果を出してきました。特に、今年に入ってからは目から鱗の気付きの連続で、芯動骨整体®の本当の力を垣間見る機会が増えました。

◎蝶形骨と仙骨との繋がり ◎巨骨(鎖骨)と坐骨との繋がり ◎肋骨と背骨との繋がり
◎鼻骨と尾骨との繋がり ◎巨骨(鎖骨)と距骨との繋がり

約206個ある「骨」を上手く連動させることで生まれる驚異的なスピードやパワーの出し方を、身を持って自分の體(からだ)に教えてもらいました。そして新たに、「骨」を効率良く動かすことにより、體(からだ)から「氣」が出やすくなることも体感できるようになってきました。

随分前に知人から聴いたの話ですが、、、人間の「骨」はリン酸カルシウムで出来ており、体温で温められると「セラミック」に変化するそうです。「セラミック」に変化した「骨」を更に体温で温め続けることで、體(からだ)から遠赤外線などの光エネルギーが人体から放射されます。これらの肉眼では見えないエネルギーのことを「氣」と捉えています。合気道開祖である植芝盛平先生は「氣」の達人でしたが、おそらく、骨身に任せた動作の中で「氣」が発生したのではないかと想いを馳せています。

現在、実用化に向けて準備を進めているWT-LINE®シューズを履くと、まるで大地と一体化したように立つことが出来て、「天」と「地」が繋がったような感覚になります。WT-LINE®シューズを履くことで「天」と「地」のエネルギーの通りがいい状態をつくり、芯動骨整体®を行うことで「氣」が出やすくなり、『氣骨』ある體(からだ)へと、進化するのではないかと仮説を立てて検証しています。

また、創始者の松村が独自に編み出した「氣」のつくり方『氣骨メソッド』を、皆さんに分かりやすくお伝え致します。

人間と「氣」という言葉には密接な関係にあります。元氣・天氣・人氣・景氣・根氣・負けん氣・やる氣満々・氣骨、、、その「氣」が病んでしまうことを「病氣」といいます。人体から溢れんばかりの「氣」が出るということは、その人にとって最高のいい體(からだ)の状態であるはず、、、「氣力」が充実してくることで、『下丹田』・『中丹田』・『上丹田』の活性化も期待できます。

私がまだ子供の頃は、頭が痛いときやお腹が痛いときに、おばあちゃんが手を当ててさすってくれました。そして、「痛いの痛いの飛んでゆけ~」と言って、本当に治してくれたことを未だに覚えています。

これこそ正に『手当て』であり、昔の日本人が当たり前に行ってきたケアの原点だと思うのです。もしかしたら、私が知らないだけで、世界中の人々が『手当て』を行っているのかもしれません。

家族で1人、職場で1人、氣骨メソッドで『手当て』が出来る人が居れば、こんなに心強いことはありません。これからの時代は間違いなく「身体感覚」を磨いていかなければ、あらゆることに対応していけないと思います。

芯動骨整体®とWT-LINE®シューズの組み合わせで身体感覚を磨き上げ、私たちの體(からだ)の芯に眠っている本当の力を甦らせることで、「氣力」・「體力」を充実させてより良い人生を一緒に構築していきませんか?

また、常に自分の體(からだ)に問い続けては新たな閃きを得て、進化を続けている創始者の松村の最新メソッドを惜しみなく伝授いたします。

そして、年に数回、素敵なゲストをお呼びしたり、身体感覚を磨くために『氣脈』に触れに行くマル秘ツアーも考えています。

素晴らしいお客様と一緒に「真骨頂」を目指したいと思います。

※芯動骨整体®・松村塾への参加基準について、、、
アドバンス編・特別編・居着かない心を育むコツのいずれかの講習会に参加された方で、
創始者の松村並び認定指導員から許可が出た方に限らせて頂きます。



今までの講習会を受講中に内容変更になったお客様には大変申し訳御座いません。
 より良い講習会の内容に変更致します。何卒ご理解して頂ければ幸いです。
 ご不明な点等ございましたら各講習会担当の認定指導員にお尋ねくださいませ。

目的に合わせた講習会を検索いただけます 講習会検索

このページのトップへ