WT-LINE®シューズ

~世界初!骨格に働きかける魔法のシューズ~

WT-LINE®シューズは、骨ストレッチ®の基本である「WT(ダブルティ)の立ち方」
土台にしたシューズです。

一般的なシューズは、地面とシューズの関係性を主に考えて作られていますが、
WT-LINE®シューズは「體(からだ)とシューズとの関係性」に着目して開発されました。

WT-LINE®シューズの靴底には、特殊な溝が彫られていています。
(日本・アメリカ・韓国・EU加盟国にて意匠登録済)

この溝の効果により體が自然に「脱力」していきます。
余計な緊張やこわばりが軽減していくので、
筋肉の柔軟性が向上し、體の重さを地面に伝えやすくなります。
その結果、「地面反力」を自然にもらえるようになり、筋出力が向上します。

百聞は一見にしかず!これがWT-LINE®シューズの効果だ!百聞は一見にしかず!これがWT-LINE®シューズの効果だ!

2018年11月8日(水)にフェニックス西神戸キュアセンターの平井施設長、
京都大学の金尚弘助教、影山美帆研究員と共同で、
WT-LINE®シューズ(ランニングシューズタイプ)の効果検証を行いました。

施設でリハビリテーションを受けている要介護者を対象に、
TimedUP&GOTest(TUGテスト)を実施し、
普段履いている靴とWT-LINE®シューズを履いているときの
動作をビデオカメラおよびモーションキャプチャを利用して撮影し比較しました。


WT-LINE®シューズと普通の靴の比較(1)


WT-LINE®シューズと普通の靴の比較(2)

WT-LINE®シューズに履き替えただけで、ここまで動作が変わります。
背筋が伸び、楽に歩いている様子が見て取れると思います。

靴底にある溝の効果で、骨格が働きやすくなるため、
姿勢が改善しています。

また、足が高く上がるようになり、歩くスピードが速くなっています。

次の映像は、WT-LINE®シューズ(革靴タイプ)と普段履いている靴の比較した映像です。
いつも講習会に参加して下さっている石館雄二さんにご協力していただき、歩行比較を行いました。


WT-LINE®シューズと普通の靴の比較

足が悪く、歩行や階段の登り降りが大変な石館雄二さんが、
WT-LINE®シューズ(革靴タイプ)を履いただけで、
まるで別人のように軽々と階段を登れるようになりました。

映像の中で石館雄二さんがおっしゃっているように
WT-LINE®シューズ(革靴タイプ)を履くと體全体が軽く感じます。

また、地面反力を活用できるので足を上げることが楽になり、階段をすいすいと登ることができます。

10代の高校生と20代の大学生にも、普段履いている靴とWT-LINE®シューズ(革靴タイプ)で
階段の登り降りを試してもらったところ、「明らかに階段を楽に登れる」と驚いていました。

昨年末、京都大学との共同研究として
「T型溝付きシューズが歩行動作に与える影響の検証」を京都大学医の倫理委員会の承認を受け、
モーションキャプチャを使用して加納学教授、金尚弘助教、影山美帆研究員のご協力の下、行いました。

こちらがそのデータです。

PDFはこちら

WT-LINE®シューズと靴底の溝以外は全く同じ比較対象のシューズを使用して、
シューズ着用者の運動機能の測定を行いました。

歩行速度の変動を比較した結果、
29人中19人がWT-LINE®シューズ着用時の方が
歩行速度の変動幅が小さく、無駄な力を使うことなく、
効率的に歩ける
ということが分かりました。

また、腰の位置の上下動も小さいという結果が得られています。
これは、歩行時のエネルギー損失が小さいことを意味します。

被験者に対しておこなったアンケートでは、
WT-LINE®シューズは比較用シューズに比べて歩きやすいと答えた人が
比較用シューズの方が歩きやすいと答えた人の3倍という結果が得られました。

WT-LINE®シューズのご購入を希望される方へWT-LINE®シューズのご購入を希望される方へ

WT-LINE®シューズの性能を正しく理解してからご使用いただくため
骨ストレッチ®講習会・基礎編でダブルT®(ダブルティ)の立ち方を
お伝えした方にのみ販売しています。

  • <ランニングシューズタイプをご希望の方>

    毎月、仙台・東京・横浜・京都・福岡で開催される骨ストレッチ®講習会で試し履きができます。

  • <革靴タイプをご希望の方>

    ただ今、改良作業中により一時、試し履きを中止しております。

仙台・東京・横浜・京都・福岡の各講習会の案内はこちら

このページのトップへ